「麗しのサブリナ」

あらすじ

1950年代アメリカ、NYからほど近い高級住宅地ロングアイランド。

そこに住む大富豪ララビー家には、二人の息子がいた。

兄のライナスは堅物な大物ビジネスマンで、恋愛沙汰には見向きもしない。

弟のデイヴィッドは陽気なプレイボーイで、女の子と遊んでばかり。

 

ララビー家のお抱え運転手フェアチャイルド氏の娘であるサブリナは、

デイヴィッドに長年恋心を抱いていたが、使用人の娘である彼女にデイヴィッドが振り向くはずもない。

それでも恋を諦めない娘を見かねたフェアチャイルド氏は、彼女をパリの料理学校に入学させる。

はじめは失敗ばかりのサブリナだったが、フォンテネル男爵という老人と出会い、彼に導かれて様々なことを学ぶ。

 

二年後、サブリナは、誰もが心惹かれる素晴らしい女性に成長してロングアイランドに帰ってくる。

彼女に一目で夢中になったデイヴィッドは、婚約者エリザベスをほったらかしにしてしまう。

自分のプラスチック事業のためにデイヴィッドをエリザベスと結婚させたいライナスは、

弟をサブリナから遠ざけることに成功するが、代わりにサブリナの相手をすることに…!?

二人の時間を重ねるうちに惹かれ合っていくライナスとサブリナ。

変化する気持ち。揺れる心。戸惑い。それぞれの恋の行く末とは…?

​男女の恋と家族の愛が織りなす、ロマンティック・ラブコメディー!